こんにちわ。ヒロキサトウです。

自分の生まれ育った田舎でくらしています。

5月に入って雨もようのお天気つづいています。梅雨も近づく憂うつな時期だという人が大半でしょうか。

でも我が家は日向の田舎にあります。田んぼと畑が近所におおく残る農村では

雨が降るのも、たまには癒しのひとつになるんです。

雨上がりの夜7~8時ごろ

クルマの通りが落ち着いたじかん、耳と気持ちを外にかたむけると

きこえます。

かえるの鳴きごえ。

カスタネットを優しく小刻みになでるような、又はギロのような。心地よい音たちが

遠くに散らばって奏でられます。

コロコロっとか、クルクルクル…とか鳴きかたにも違いがありますが、

次の世代にいのちを繋ぐために、オスがメスを誘う

リズム同志。競い合いがアンサンブルになります。

かえるが嫌いな人にもとはお薦めしませんが、こんな角度の楽しみかたもアリでは?という話です。

リズムという広いカテゴリーで考えてみると、形のちがうリズムを重ねて楽しくなれるアフリカンにも、何とか通じるのではないかと思いあたる今日の雨もようです。

 

もっぱら、ジャンべ寄りの気分なのかもしれません。私も良いリズム奏でていれば恋人も見つかるかも。

梅雨の憂うつに、それぞれの楽しみかたを見つけていきましょう。

では。

 広告

Rainy Blue

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA