8月の門川花火、迫力でした。

はい。

いまさらというか、今だからこそのうpです。

8月末に門川町で開催された、恒例の花火大会に行ってきたのです。地元っピーだけでは足がゆかないという感じですが。

お誘い頂いたのも手伝って、露店の生ビールや何か目当てに連れてってもらいました。

 

港町、漁師町である門川なので海辺から港からガンガン見えてしまいます、ハナビ。

 

海浜公園が臨時駐車場として開放されているんですね、まったく知らんかった。ほんとに日向に住んでるヒトなのか。

住んでるひとなんだ。

はい。ちなみに花火のスタート時刻はゴールデンタイム頃ですが、夕方から早めに港周辺でテキ屋めぐりに楽しみを見出すのも

敢えてのコースでアリでしょう。

僕はここで初めて『電球ソーダ』なるインスタ映えドリンクのことを知りました。

中高生を中心に、長蛇の列で売れっぱなしでした。スゲー。

 

それよりオジサンは『金魚すくい』のなつかしさとか『シロコロホルモン』の雰囲気に興味がいきます。

つい。この日は、はしまき、ホルモン、生ビールとシンプルなコースで構えを完成。

港まんなかだと人も多いし座ってゆっくりできないので、帰り道にむかう途中の丁度いい防波堤にもたれつつ鑑賞することに。

 

 

 

タンポポのよう。

 

時間になって、揚がりはじめましたい、はなびー。

煙にまじり火薬のにおいさえ感じそうな近さと思う迫力す。

 

 

 

あー写真とるの上手くなりたい。と思ってましたw

元気玉っぽい…フ〇ーザとの戦いに思いを馳せました。

からふる。

 

 

朝顔。

 

 

消えゆく花から、またちがう華が咲きひらいては消えていく、ジャパニーズ侘び寂び。

さながら柘榴。

煙と、うまく切り取れなかったのとありますが、海の水面であげられた、(実物はホントに)綺麗な海上花火も

いくつかありました。

んー、失敗。

 

 

仕掛け花火も、工夫や構成、進化してきてるなとかんじます。

 

 

あーこれで今年の夏は終わっていくのかー

と、あらためて情緒にひたるのもいいもんです。大人になって余裕もへったくれもない様な暮らしをしているかもしれませんが。

昔から伝わって現代に残っている文化や歴史の部分。

意味あるものだから大事に大切に。攻めつつ守って、伝えて欲しい。

また次の季節も楽しめると、毎年喜べるヒトでありたいと思うところです。

 

来年はいかがですかお薦めします。

 

  

人見知りだって言ってんじゃん。

こんちはヒロキです。

書いてる時間は完全にこんばんはですが、どうでもいいでしょ。

あいかわらずお片付け続いてます。昼間は契約の仕事をして空いた時間にできることを少しづつ。なので作業につかえる時間はグッと減りました。片づけおわる空気は、これっぽっちも感じられません。

そんな片づけのさなか、あるものを掘りおこしました。

カメラです、今の時代には貴重なフィルム式のもの。

PETRIってなんだ、というくらいカメラには疎い。最近このブログ用にとNikonのデジタル一眼を格安で買った程度のド素人でして。なんかやっすい外国製のやつかな、くらいの気持ちでググってみた。

案の定ナめてました。がっちり国産のメーカーさんやし、昭和を生き抜いた名機をたくさん生産してたペトリさんだということを知りました。

フィルムカメラに対して漠然とながら興味がわいてきた。

たまたまフィルムを見つけたので、カメラ壊さないように探りさぐりフィルム装てんしてみる。

小さいころに親父がこんな風にカメラいじってたような…。とか思い出して、少しセンチメンタルな気持ち。

できた。これで撮影できるようだ、シャッターは動くしフィルムの巻き方もわかった。

休みの昼間に試してみようと思うのです。

カラーの型式ではあるけどフラッシュもないようだし、レンズも固定でフォーカスもよくわからない。

現像に出すのが楽しみになるなきっと。ピンボケばっかだろうけど撮ってみようと。

俺の知らない親父の昔をすこし知ったようです。

んー。大事にしようときめた。滅多にはやらんかもしれんけど親父のあゆみをたどるのも面白いことだなーと感じるので。

では、よい日を。